なごみどりの呼吸法

      2020/08/17

こんにちは。《リラクゼーションサロン和緑(なごみどり)》です。

 

 

 

なごみどりで身体の不具合をメンテナンスし、呼吸しやすくなった状態でホームケアの実践。
_________________________________
『普段している呼吸』と『なごみどりの呼吸』のちがい
普段呼吸→無意識のうちに行われる、吸う努力も吐く努力もしない呼吸。
呼吸法→意識的に呼吸を操作。呼吸に意識を向ける。
※呼吸という動作一つに意識を向けることにより、脳のはたらきが散漫せず、脳がリラックス状態へ向かう。
_________________________________
呼吸法により、
①脳がリラックスする
②自律神経バランスが整う
③血圧、血液循環リズムが整う
④内臓のはたらきが整う
_________________________________
《詳しい説明》
①無意識状態でも脳は常に活動しようとする臓器であれこれ考え出す。意識を『今の呼吸』だけに絞ることによって、無意識状態でも動こうとする脳部位の機能が低下(リラックス)する。
_
②自律神経が関与し、無意識のうちに呼吸は行われる。しかし、意識的にも呼吸はできる。自律神経が呼吸を操作しているが、
呼吸から自律神経を操作することもできる。息を吐く方を長くすると副交感神経が優位になる。
_
③心拍数、血管の拡大縮小を司っている神経は自律神経。②と同じく呼吸から自律神経を刺激し、間接的に呼吸血管を広げ、血圧を下げ、血液が末端まで巡りやすくなり、リラックス状態へ。
_
④横隔膜の上下運動が内臓を間接的にマッサージし、内臓の動きが活性化する。

 

 

 

 

 

 

ではでは

リラクゼーションサロン和緑でした!

 

 

 - ブログ・予約状況 , , , , , , , , , , , , , , , , , ,