睡眠と覚醒(日中のパフォーマンス)はセットだ!

      2020/08/17

こんにちは。《リラクゼーションサロン和緑(なごみどり)》です。

 

睡眠中の脳、身体では自律神経、脳内化学物質、ホルモンなどが休みなくはたらいている。

 

うまく睡眠ができていないと、

 

交感神経優位状態が続き、脳と身体が緊張状態になり、血行不良が起こり、高血圧、精神不安、うつ病、慢性疲労、アルコール依存の確率が高くなる。

 

グロースホルモン(成長ホルモン)の分泌がうまくできず、細胞の増殖、筋肉、骨の代謝がうまくいかず、身体の疲労感が抜けない。

 

昼間にだるさが残り、パフォーマンスが落ちる。

 

しっかりした睡眠をとるためには骨の歪みを整え、筋肉の緊張を緩め、自律神経の乱れを和らげ、血流の流れを促す必要がある。

 

身体の緊張を解放させ、体内リズムを整えませんか?

 

 

 

 

 

ではでは

リラクゼーションサロン和緑でした!

 

 

 

 

 

 - ブログ・予約状況 , , , , , , , , , , , , , , , , , ,